手を広げる

作業服を新規で揃える時は専門会社のカタログを使えば比較しやすい

作業服のカタログを見れば機能性の高いものを選びやすくなる

作業服

仕事中に着用している作業服次第で、仕事の効率も変わってきます。そんな業務に大きく関わる作業服をまとめて購入しようと考えている企業担当者なら、まずはカタログ請求してみましょう。作業服も年々進化していて、最新のものは機能性に優れています。特に現場系は汗をかきやすいですから、通気性などの機能性に優れた作業服がおすすめです。
作業服は企業ユニフォームの専門販売会社から購入するのが一番で、カタログが用意されています。最新タイプも載っていますから、比較・検討しやすくなります。いくら最新タイプでも自社のイメージや仕事内容と合わないものだと、購入しにくいです。カタログがあれば見比べたり機能を比較しやすいですから、事前にたくさんの情報を得ることができます。
写真などが載っていてわかりやすいですし、ディテールやポイントもしっかり説明されています。また、料金を記載している場合が多いですから、自社の予算に合ったものを選びやすくなります。通気性や速乾性、保温性など種類によって特徴が違いますから、カタログがあれば特徴などもつかみやすくなります。また、使われている素材なども詳しく載っていますから、着心地などもある程度予測して選ぶことができます。

カタログのチェックを行ったうえで現場の作業服を選定しよう

現場系の作業服は決して画一的なわけではなく、さまざまなバリエーションがあります。作業服といっても全然違ったバリエーションであることも最近は珍しくありませんので、もしも作業服を発注するなら企業担当者はしっかり熟慮したうえで選定しないといけません。その選定をするうえで大事な参考資料となるのが、作業服を掲載しているカタログです。作業服を掲載しているカタログを請求して作業服のバリエーションをチェックすれば、どの作業服を発注すれば良いのかわかります。
作業服は企業ユニフォームの専門販売会社が取り扱っていますから、まずその専門販売会社のカタログを請求するのが企業担当者にとって必要な手続きです。作業服のバリエーションごとにどんな違いがあるのか、その差を企業担当者はしっかり見極めなければいけません。現場で働くスタッフのリクエストをヒアリングしつつ、どの作業服にするのかを決めれば、不満が出るようなことはありません。
今は若い人がオシャレな作業服を気に入って現場系の仕事に就いたりする時代ですから、どんな作業服を選ぶのかは人材募集にも少なからず影響があります。ですので作業服は企業ユニフォームの専門販売会社への発注を前提に、まずはカタログのチェックです。

作業服を購入するときは専門会社のカタログを見て決めよう

新しい作業服を導入するにあたってどのように購入すればいいのか悩んでいる企業担当者の方は多いかと思います。作業服は企業ユニフォームの専門販売会社のカタログから注文するのがおすすめです。以下メリットを述べていきます。
まず専門業者なので作りがしっかりしています。一見、素人目にはわからない現場系の作業服も、専門業者が取り扱っているものでしたらかなり丈夫に作られています。デザイン性だけではなく耐久性や安全性に優れた商品も沢山取り扱っています。
そして、カタログならではのサイズがあります。カタログで取り扱ってる作業服のサイズは小さいものから大きいものまであります。カタログで取り扱っている商品は基本的に在庫切れを起こすことがないので好きな作業服のサイズを必要な枚数注文することができます。
そしてカタログに載っている作業服に企業名の刺繍を入れるサービスをしているところがほとんどです。特に自社工場などがある場合、相場より安く企業名を入れることができます。
カタログは一度に多くの作業服を見比べられるのでおすすめです。作業服の購入を考えている企業担当者の方は一度専門販売会社へカタログを資料請求してみてはいかがでしょうか。

作業服のカタログの資料請求は「日本被服工業株式会社」で選ぼう。様々なニーズに対応していて、作業服・飲食・医療などで活躍するユニフォームを取り揃えており、納入・販売実績は日本トップクラスです。是非チェックしてみてください。

Press Release